アイスクリーン技術工法

アイスクリーン®技術工法とは

特殊な真空吸引装置で氷と水だけを用いて配管を洗浄する配管の洗浄工法です。
従来の高圧洗浄工法、トーラー工法、薬品洗浄工法に比べて(※下記図参照) 氷と水だけの吸引洗浄(負圧)につき、既存の古い配管に与える影響がソフトであり、 漏水の心配が無く安心できる工法です。 原理は「氷が管内壁にぶつかる時の衝撃を利用した負圧工法」 であり、特に空調設備用配管に適している点に大きな特色があります。 この工法は特許を取得後、改良を加え 完成された配管洗浄工法です。

アイスクリーン技術工法の特徴
洗浄材料(氷+水)を吸引洗浄(負圧)する為、漏水の心配がありません。洗浄材料は配管材より硬度が低い為、 配管を傷つける心配がありません。
高圧洗浄(加圧)工法の問題点
高加圧水の為、逆流や吹出しなど他の箇所のドレンパンより漏水の危険があります。高加圧水の為、老朽化した配管の弱い部 分から漏水の危険があります。
トーラー工法の問題点
先端に取付けたカッターやブラシで強力に掻き落とす為、配管を痛めピンホールによる漏水の危険があります。

トップへ戻る▲

ドレン管詰まりによる突然の漏水・異常停止を予防するために

経年劣化に伴い空調機器系統のドレン配管内に錆、スライム等が堆積し、閉塞状態を起こし通水不能、排水不良を起こし、漏水事故、異常停止を引き起こします。漏水による商品 被害や、空調機停止によるお客様に対する不快感など、ドレン配管の詰まりは数多くの問題を引き起こします。

水漏れ写真左記の現場写真は、天井カセット型空調機ドレン配管詰りにより天井面から漏水し水損 事故を起こした事例写真。

ドレン管内部の状況

ドレン管内部写真

トップへ戻る▲

アイスクリーン洗浄工法施工概略

横引本館洗浄(横系統フロアー洗浄)

  1. 洗浄階に特殊吸引装置を設置し、竪本管直近の横引本管を切断し吸引ホースを取り付けます。
  2. 各空調機器を配管から切り離し、ゴム栓をします。
  3. 竪本管に近い空調機器より1台ずつ洗浄材料を投入し、洗浄します。 (手前から洗浄することにより何度も同じ箇所を洗浄材料が通過する為、より洗浄効果が現れます。)
施工概略図横系統

竪・横引本管洗浄 (竪系統洗浄)

  1. 竪本配管端末部に特殊真空ダンパー車及び特殊真空吸引装置を設置します。
  2. 各空調機器を配管から切り離し、ゴム栓をします。
  3. 竪本管に近い空調機器より1台ずつ洗浄材料を投入し、洗浄します。(手前から洗浄することにより何度も同じ箇所を洗浄材料が通過する為、より洗浄効果が現れます。)
施工概略図横系統

トップへ戻る▲

施工事例写真

撮影箇所

配管材質:SGP(鉄管)

①ドレンホースより500mm 施工事例写真 ②ドレンホースより1200mm 施工事例写真

配管材質:VP(塩ビ管)

①ドレンホースより500mm 施工事例写真 ②ドレンホースより1500mm 施工事例写真

トップへ戻る▲

配管洗浄工法比較表

洗浄工法/
項目
アイスクリーン技術工法高圧洗浄工法トーラー工法薬品洗浄工法
洗浄時間比較的早い1台ずつホースをゆっくり入れる1台ずつホースをゆっくり入れる薬品で残渣物を溶解
養生氷を持ち込む数十mの汚れたホースを持ち込む数十mの汚れたワイヤーを持ち込む薬品を持ち込む
効果配管を痛めずソフトに洗浄高圧噴射で強力に汚れを落とすカッター及びブラシで削る為配管を痛める残渣物の全排出不可
配管よりの漏水氷と水で洗浄の為危険なし配管の弱い箇所が不安(ネジ部)配管の継手周辺が不安(ネジ部)配管の弱い箇所が不安(ネジ部)
配管材への影響配管内をソフトに洗浄高圧の洗浄で腐食箇所が不安カッター及びブラシで配管材を削る薬品で配管材を溶解
汚れ氷の持ち込みのみ数十mの汚れたホースを持ち込む数十mの汚れたワイヤーを持ち込む薬品の為要注意
臭気負圧で吸引する為臭い無し洗浄ホースを排水口より出し入れする為臭うワイヤーを排水口より出し入れする為臭う薬品臭い
金額特殊真空吸引装置及び氷が必要高圧洗浄車必要ワイヤーのみの為比較的安価薬品費+配管加工が必要
作業の安全性氷を使用のため安全落とし過ぎて詰らせ逆流する恐れ部材を削るので危険薬品取扱に注意
作業の均一性標準マニュアル作業手探りの為経験の差がある手探りの為経験の差がある薬品・濃度・時間に注意
環境への影響氷と水のみで安全・安心水のみで安全・安心カッター及びブラシ投入のみなので安全廃液処理必要・環境汚染
備考(◎最適)(○やや最適)(△やや不適)(×不適)

トップへ戻る▲

よくあるご質問・回答

どのくらいの騒音が発生するのでしょうか?
特殊吸引ダンパー車20~40db(アイドリング程度)
特殊真空吸引装置80db(交通量の多い道路程度)
配管の長さは何mまで洗浄可能でしょうか?
配管長は問いません。(真空になるまでの時間が長くなる)50m、100m、150mと配管の長さによる洗浄効果の差はございません。
配管口径はどのくらいまで洗浄可能でしょうか?
最小径は8mm、最大径は150mmまで可能です。
錆なども本当に落とせるのでしょうか?
赤錆(柔らかい錆)まで除去可能です。氷の硬度より硬い錆こぶ等は落とせません。(鉄錆まで落とすとピンホールの原因となるため)必要以上に落とさず配管を傷つけず漏水の心配はありません。
推奨洗浄サイクルはどのくらいでしょうか?
事務所ビルで3~5年、 店舗ビルで1~3年を基本としています。使用条件、環境により大きく変動致します。
居室内に匂いが漏れたり、作業実施時に汚れたりする危険性はないのでしょうか?
配管を負圧にして洗浄するため、臭気が漏れたり配管詰まりを起こすことはありません。又、室内には氷と水のみを持ち込む為、清潔な環境を維持できます。
洗浄に使用している氷は特殊なのでしょうか?
氷の凍結温度を(-10~-15℃)で製氷しています。(通常よりも硬度を増す為)
洗浄作業を行う度に配管を切断しなければならないのでしょうか?
配管はカップリングにて接続し、次回再度カップリングを外し洗浄を行うことが可能です。又、ドレン清掃用の立ち上げ管が設置されている場合、配管を接続する事無く洗浄作業を行うことも可能です。

トップへ戻る▲

お問い合わせ・資料

メールフォームはこちら

アイスクリーン技術工法について(PDFファイル)

トップへ戻る▲